磁気治療が効果的

頭痛

薬治療は根本的な解決方法ではない

昔はクリニックや病院に行っても、偏頭痛を治す為に利用されるのは偏頭痛薬のみでした。偏頭痛薬にも、事前に防ぐ予防薬と頭痛が発生した時の鎮痛薬の2種類があり、2つを上手く利用することによって偏頭痛を付き合っていくことが今でも一般的な治し方とされています。予防薬には塩酸ロメリジンや塩酸プロプラノロール、塩酸アミトリプチリンと呼ばれるような成分が配合された薬を使用していすが、人によっては副作用を伴う可能性もあります。鎮痛薬にはアスピリンやアセトアミノフェンと呼ばれる成分が配合された薬を利用するのが一般的で、これらは市販の頭痛薬にも配合されていることが多くあります。薬の場合、痛みに対する一時的な対処法であり、根本的に偏頭痛の頻度が減る治し方とは言えません。こうした薬治療に対して誕生したのが磁気を利用した治療方法です。磁気治療をすることによって、脳の血管が拡張する頻度を減らし、結果的に偏頭痛が発生する回数を減らしていくことができるのです。実際に口コミでも偏頭痛が減ったという声が多く見られている為、今では磁気治療をメインとしているクリニックも誕生しています。

根本的に改善してくれる方法

磁気治療をする場合、慢性的に発生する偏頭痛を改善する為に定期的にクリニックで治療しておくのも良いでしょう。基本的に1度磁気治療をするだけで、週に数回発生する偏頭痛もほとんど無くなる場合もあります。しかし、慢性的に強い頭痛が発生し、痛みによって嘔吐や吐き気が発生する人は、偏頭痛が月単位で発生しなくなるまで通うのも良い方法と言えます。磁気治療は偏頭痛だけでなく、緊張型頭痛の治し方としても適している方法とされています。緊張型頭痛の場合、精神的・身体的ストレスが原因となっているので、放置してしまうと不安感からうつ病を併発する可能性もあります。ストレスが原因で偏頭痛が発生する人は、できるだけ心療内科系のクリニックで磁気治療を進めていくのが良いでしょう。心療内科系であれば、磁気治療による直接的な治療とカウンセリングによる間接的な治療を両方進めてくれるのでスムーズに改善していくことができるでしょう。

磁気治療の費用を知ろう

偏頭痛の治し方として注目され始めている磁気治療ですが、やはり通常の薬治療よりも費用はかかってしまいます。クリニックによって治療費は違いますが、1万5千円程度が一般的と言えるでしょう。通常の治療費に比べると少し高いと感じる人も多いですが、効果を考えると決して高すぎるものではありません。市販の頭痛薬は1箱千円から2千円程度するので、頭痛が発生する度に使用していると年間でも1万円程度の費用はかかります。加えて、薬によって身体に負担をかけている場合もあるので、根本的な改善がみられないのに服用を続けるのはコスパが良い治し方とは言えません。磁気治療をしてくれるクリニックの中には、初診は無料で受け付けているところもあるので、コストを抑えたいのであればこうしたクリニックを選ぶのが良いでしょう。

TOP