スムーズに治すコツ

不安

自分で判断する

偏頭痛を抱える人の多くは、気づいた頃には偏頭痛の痛みと付き合っていたという人も少なくありません。その為、いつ偏頭痛持ちとなったのか、どのタイミングで偏頭痛と判断するようになったのか分かっていない人も多いのです。偏頭痛はクリニックで治療をすると、毎回の頭痛の痛みを軽減すると同時に偏頭痛の頻度を減らすこともできます。しかし、偏頭痛かどうか判断できなければなかなかクリニックへ足を運ぶことはできないでしょう。偏頭痛の場合、慢性的に痛みは発生しますが、その痛みに前兆があるのも1つの特徴です。頭痛が始まる前には光が見えることや、あくびや肩こりなどの諸症状が発生する人も多くいます。こうした前兆に加えて、痛みの長さが続くのも1つの特徴です。個人差はありますが、長い人になると3日程も痛みが続くと言われています。痛み方としては、脈拍に合わせて激しい痛みが続くのも偏頭痛の特徴です。激しい頭痛が頻繁に発生するようになった時には、クリニックに行って正しい治し方を指導してもらうと良いでしょう。

頭痛が発生する環境はメモに残す

偏頭痛をクリニックで治すときには、必ず問診を行ないます。この問診で、頭痛について全て伝えておくことが大切です。医師も人間なので、患者からの報告無しに見た目だけで偏頭痛の症状を把握できるわけではありません。患者自身が正直に頭痛について話すことが必要です。特に、現在他の病気治療で薬を服用している人はその事も伝えておくのが良いでしょう。また、いつもの偏頭痛とは少し違う頭痛が出てきた場合も伝えておくことが大切です。正しい治し方で改善する為にも、頭痛のタイミングをその都度メモで残しておくのも1つの方法です。残しておくことによって頭痛が発生しやすい気温や季節、気候や環境を知ることができます。その為、そのメモで統計を取ることによって、普段の生活で偏頭痛を治す為に避けるべきポイントまで知ることができるのです。偏頭痛と上手に付き合っていくことによって、心身の負担も減らすことができるでしょう。

クリニック治療と一緒に行なう

偏頭痛を治していく時には、クリニック治療のみならず普段の生活でも治し方を考えることが大切です。偏頭痛の根本的な原因は人によって違いますが、どの痛みも血管の拡張が原因と言われています。血管の拡張を抑える為に痛みが発生する場所を一時的に冷やすのも効果的です。冷却シート等を用いることによって痛みが軽くなるので、急に発生した時には冷やして対応すると良いでしょう。また、人混みや強い光が発生する場所を避けることも大切です。偏頭痛は目が疲れた時に発生するという人もいるので、目を疲れさせてしまう強い光や人混みは避けておくと良いでしょう。こうした生活習慣の対処法は、一時的な治し方の1つであり、根本的に偏頭痛を改善させていくものではありません。しかし、知っておくことによって何かあった時に自分自身で対応できるようになるでしょう。他にも、チョコやチーズなどの偏頭痛が発生しやすい食品はできるだけ避けておくのも対処法の1つです。

TOP